北上・西和賀

きょう啓蟄 陽光浴びタンポポ咲く 北上市内

陽光に照らされ、花びらを広げるタンポポ=5日、北上市北鬼柳のえづりこ古墳公園

 6日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。冬ごもりしていた虫がはい出てくる頃とされる。北上市内では青空の下、花びらを広げたタンポポがちらほら見られ、市民に早春の訪れを感じさせている。

 3月に入って県内では暖かい日が続き、5日も全般に晴天。盛岡地方気象台によると、県南部の最高気温はほとんどが10度を超え、花巻市で12・1度、北上市で11・2度、奥州市江刺で12・1度と4月上旬並みの暖かさとなった。

 北上市北鬼柳のえづりこ古墳公園では家族連れらが訪れ、遊具で遊んだり、散歩したりするなど思い思いに楽しむ姿が見られた。斜面に咲き始めたタンポポは陽光を浴びて輝き、日差しの強さを感じさせた。

 1歳2カ月になる柊ちゃんを抱いて訪れた同市下江釣子の主婦千田葵さん(33)は「お出掛け日和だと思って散歩に来た。ぽかぽかして気持ちがいい」と心地よさそうに過ごしていた。

 同気象台によると、6日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りだが、夜には内陸で雨の降る所がある見込み。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年5月25日付
北上・西和賀
2019年5月25日付
北上・西和賀
2019年5月24日付
北上・西和賀
2019年5月24日付
北上・西和賀
2019年5月24日付