花巻

医療の道へ第一歩 花巻高看 35人に卒業証書【花巻】

35人の門出を祝福した花巻高看の卒業式

 花巻高等看護専門学校(大島俊克校長)の第42回卒業式は5日、花巻市花城町の総合花巻病院で行われ、男女35人が卒業証書を受け取り、3年間を過ごした学びやを巣立った。

 卒業生をはじめ保護者や来賓、教職員ら約200人が出席。一人ひとりに証書を手渡した大島校長は「本校で学んだ『愛は人を癒し、誠は病を治す』の教育理念を常に思い起こし、心優しく誠実な看護の実践を心掛けてほしい。安心できる住民生活と地域維持のためにも若い皆さんの力が必要。その期待に応えられる有能な看護師に成長されるよう期待しています」と式辞を述べた。

 市医師会長らの祝辞に続き、卒業生を代表して石井伶奈さん(21)が答辞。「(在学中は)つらいことや途中で投げ出したくなることもあったが、多くの人に支えられ、有意義に過ごすことができた。貴重な経験をさせていただいた。実習を通し学んだことを今後の糧として胸に刻み、看護師の道を歩んでいきたい」と述べ、共に励んだ学友や教員らに感謝していた。

 花巻高看は1925(大正14)年、花巻産婆看護婦学校として創立。看護師国家試験の高合格率を誇り、県内外の医療現場で活躍する人材を多数輩出している。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年3月23日付
花巻
2019年3月23日付
花巻
2019年3月23日付
花巻
2019年3月23日付
花巻
2019年3月23日付