奥州・金ケ崎

「二刀流」官民で後押し 大谷選手ふるさと応援団 企業、団体サポーター募集【奥州】

 「大谷翔平選手ふるさと応援団」(会長・小沢昌記奥州市長)は、企業や団体を対象にして応援サポーターを新たに募集する。ポスターやステッカーを掲示するなどして官民を挙げて応援の拡大を図り、同市出身で米大リーグ・エンゼルスの大谷選手のさらなる活躍を後押ししていく。20日から申請を受け付ける。

 サポーターの活動内容は、同応援団が配布するポスター、ステッカーの掲示をはじめ、同応援団が実施、協賛する事業への参加・協力、同応援団が今後に立ち上げるフェイスブックでの情報共有、独自活動の情報発信など。パブリックビューイング、大谷選手の背番号「17」にちなんだ「大谷選手応援デー」(毎月17日)に合わせた民間での取り組みなどを見込んでいる。

 市は、B6サイズとB7サイズのステッカー2種類を各3000枚新たに作る。赤と白をベースに「投打猛進」「がんばれ 大谷翔平選手」と記された既存ポスターと同じデザインで、「わたしたちは大谷翔平選手を応援しています」の言葉を加える。ポスターと共に登録企業・団体に配布し、大谷選手を応援する雰囲気の盛り上げに活用する。

 小沢市長は「これまで限定的だった範囲を広げ、今後も勝手連的に大谷選手を応援していく。情報を共有することで、効果的な盛り上げを図りたい」とし、「プレッシャーに負けずに、大谷選手らしく野球を楽しみながら活躍してほしい」と期待している。申し込み、問い合わせは、同応援団事務局の市政策企画課=0197(24)2111=へ。

momottoメモ

 前回と同距離で65球
 年俸は推定7200万円 今季の契約締結

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年5月22日付
奥州・金ケ崎
2019年5月22日付
奥州・金ケ崎
2019年5月22日付
奥州・金ケ崎
2019年5月22日付
奥州・金ケ崎
2019年5月22日付