奥州・金ケ崎

大谷選手にエール サポーター申請受け付け【奥州】

応援サポーター第1号として登録した水沢信用金庫。大谷選手応援に意欲を見せている

 「大谷翔平選手ふるさと応援団」(会長・小沢昌記奥州市長)は20日、市内の企業や団体を対象にした応援サポーターの申請受け付けを始めた。同応援団の事務局を務める市役所には初日から企業や団体の代表者ら訪れ、申請手続きを済ませていた。

 申請受け付けは午前9時から始まり、水沢信用金庫(及川和男理事長)が第1号となった。鈴木重徳本店長(60)と阿部春香さん(32)、石川由実さん(27)が申請書類を届け、同応援団事務局から「投打猛進」「がんばれ 大谷翔平選手」などと記されたポスターとステッカーを受け取った。

 鈴木本店長は「第1号になり非常にうれしい。大谷選手は地域の人たちに大きな力と未来を与えている。地域金融機関として今後も大いに応援したい」、阿部さんは「大谷選手の活躍は奥州市にとって明るいニュース。大活躍ができるよう地元金融機関としてエールを送りたい」と話していた。

 同信金ではポスターやステッカーを掲示するほか、毎月17日の「大谷選手応援デー」に合わせ、4月17日から本・支店で応援Tシャツを着用し、窓口業務に当たることにしている。

 同応援団は、同市出身で米大リーグ・エンゼルスの大谷選手のさらなる活躍を後押しするため、市内の企業や団体を対象に応援サポーターを募集している。登録企業・団体にはポスター1枚と大小ステッカー各5枚を配布し、大谷選手を応援する雰囲気を盛り上げてもらう。市政策企画課の高野聡課長は「シーズンが始まるので、市民みんなで大谷選手を応援して盛り上げていきたい」と応援サポーターへの応募を呼び掛けている。

 問い合わせは、同応援団事務局の市政策企画課=0197(24)2111=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付