北上・西和賀

困窮家庭の子供支援 キッチンすまいるの会 6月から「食堂」開始【北上】

キッチンすまいるの会結成総会で広く協力を求める菊池会長

 北上市内で生活困難な家庭を含む多くの子供たちに食事を提供しようと、有志による「キッチンすまいるの会」が結成された。「子ども食堂」としておいしい食事を味わってもらい、学習も含め心地よい場を提供。6月から黒沢尻3地区で定期的に実施し、幅広く賛同を得て子供たちを支えていく。

 市と市社会福祉協議会によると市内でも10世帯に1世帯が貧困世帯とされ、中には食料やミルクを買うお金がなかったり学級費、給食費を払うのに苦慮する家庭もあるのが実情。市社協で行っているフードバンク事業や学習支援事業、みんなの食堂「地域まるまる食堂」を参考に、民間の有志で困っている家庭を含め子供たちを支えようと結成した。

 メンバーは一般市民や飲食店関係者、農家、産直、元教員ら有志で、北上市のほか花巻、奥州両市の37人・団体で構成。ボランティアで子ども食堂の運営や食材の提供、子供たちへの学習支援に当たる。アドバイザーとして市や市社協の職員、市議、PTA関係者も名を連ねる。

 27日夜に北上市常盤台の市総合福祉センターで開かれた結成総会には約20人が出席。会長には呼び掛け人代表の菊池洋子さん(同市立花、コミュニティ広場すまいる代表)を選出した。

 「市内に住む子供たちに一人でも多く食事を提供し、健やかな成長を支援する」ことを目的とする会則を確認。経済的に困っている家庭には民生児童委員やPTAの協力を得て参加を呼び掛けるが、そうした子供に限定せず幅広く参加を募っていく。

 まずは6月から黒沢尻北地区で第1金曜、黒沢尻東地区で第2金曜、黒沢尻西地区で第3金曜日の夕方に開催。各地区交流センターを会場に中学生以下は無料、保護者は100円とする。軌道に乗れば市内他地区にも広げたい考え。

 経費は個人、団体からの寄付などで賄う。同会は趣旨に賛同する市民や企業、各種団体に協力を呼び掛けていく。

 菊池会長は「みんなで広く声を掛け、長く続けていきたい」と意気込みを語った。寄付や会に関する問い合わせは菊池会長=090(6454)3210=まで。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年8月26日付
北上・西和賀
2019年8月26日付
北上・西和賀
2019年8月26日付
北上・西和賀
2019年8月26日付
北上・西和賀
2019年8月26日付