花巻

世界支える人間へ 富士大入学式【花巻】

富士大入学式で宣誓する小泉さん

 富士大(岡田秀二学長)の2019年度入学式は6日、花巻市若葉町の市文化会館で行われた。経済学部(経済学科、経営法学科)186人、大学院(経済・経営システム研究科)7人の入学生が、希望に満ちた新生活の第一歩を踏み出した。

 式辞で岡田学長は、建学以来の同大モットー「思索と行動は人生の双翼」に触れつつ、地域貢献を重視する同大経済学のスタンスを紹介。「地域とは基盤的生活空間であり、生活そのもの。その再生なくして安心、安全な生活の展望は得られない。大学は今日、地域と共にある可能性空間であり、主役は学生である皆さん。有意義な4年間を過ごしていただきたい」と激励した。

 上田東一市長が「花巻は四季折々の豊かな自然に親しむことができ、スポーツも非常に盛ん。市内全域を学びのキャンパスにし、自分の可能性を広げてほしい」などと祝辞。経営法学科の小泉龍聖さん(18)=青森県立三沢商高出=が新入生を代表し、「日本は今、新たな時代を迎え、変革期に差し掛かっている。求められる人間像が変化している中で自ら考え、発信し、世の中に柔軟に対応し日本、世界を支える人間になれるよう精進していく」と力強く宣誓した。

 式後は、学友会による部活・サークル紹介を実施。ユーモアを交えた活動PRもあり、会場に新入生の笑い声が響いていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年10月17日付
花巻
2019年10月17日付
花巻
2019年10月17日付
花巻
2019年10月17日付
花巻
2019年10月17日付