県内外

平成時代 思いはせ 県内15郵便局 記念押印サービス【岩手】

平成最後の30日に行われた記念押印サービス=盛岡市の盛岡中央郵便局

 平成最後の日となった30日、県内の15郵便局で記念押印のサービスが行われた。このうち盛岡市の盛岡中央郵便局では、朝から多くの人が詰め掛け、局員に消印を押してもらいながら、過ぎ行く時代に思いをはせた。

 改元に伴い、県内で計1400枚の押印用台紙を配布して実施。盛岡中央郵便局では、午前9時の営業開始と同時に、台紙やはがきを手にした人が大勢詰め掛け、押印台の前に行列をつくった。

 訪れた人は「平成」「令和」のフレーム切手や、皇太子殿下ご成婚記念など、思い思いの切手を台紙に貼って局員に提出。岩手山やさんさ踊りなどがあしらわれた盛岡ならではの風景印と、シンプルな日付印のいずれかを選び、押印の様子をじっと見守った。

 盛岡市青山の会社員兼平衛さん(62)は「改元記念ということで押しに来た。平成は災害が多い印象だったので、令和は平穏な時代になってほしい」と願っていた。

 盛岡中央、花巻、北上、水沢、一関などの県内15郵便局では、令和初日の5月1日と、11月1日、同11日の「1づくしの日」にも記念押印を実施。台紙の配布はほぼ終了している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年8月19日付
県内外
2019年8月19日付
県内外
2019年8月19日付
県内外
2019年8月19日付
県内外
2019年8月19日付