一関・平泉

「みんなの校歌」55校紹介 未作製22校 情報提供呼び掛け 市教委【一関】

一関市教委が曲付きの動画を作製し、HPで公開している「みんなの校歌」(写真は真滝中学校)

 一関市教委が曲付きの動画を作製し、市ホームページ(HP)で公開している「みんなの校歌」は、2019年度までに市立小中学校合わせて55校に上っている。残り22校については、著作権者の所在が分からず承諾を得られていなかったり、音源がなかったりするために動画を作製できない状態となっており、市教委は「作詞者、作曲者に関して知っている方がいれば情報を提供してほしい」と協力を呼び掛けている。

 少子化に伴う学校の統廃合で新しい小中学校が誕生していることや、地域住民の要望を踏まえ、地域で歌い継いできた校歌を後世に残そうと、市教委は16年度から小中学校の保存・活用事業を実施。民間に委託して校舎の写真を見ながら校歌を聴くことができるよう編集を進めている。

 同事業は、05年9月の市町村合併以前に存在した小中学校を対象としており、確保できた音源を活用し、作詞者、作曲者か、その家族から承諾が得られた校歌から順に作製。これまでに小学校41校、中学校14校の動画が完成、公開されている。

 残る22校に関しても基本的には動画を作製する方針だが、そのためには音源が確保でき、作詞者、作曲者の承諾が必要という。

 市教委教育総務課の担当者は「作詞者、作曲者が既に亡くなり、その家族の連絡先も分からず、作製できていない学校のほか、音源がない学校がある。連絡先などを知っている人がいれば、情報を提供してほしい」と話している。

 未作製の学校は次の通り。(○は既に閉校)

 ◇著作権者から承諾を得られていない学校▽小学校=一関、山目、赤荻、滝沢、南、○本寺、舞川、花泉▽中学校=桜町、萩荘、厳美、舞川、○山目、○中里、大東、興田

 ◇音源がない学校▽小学校=○内野、○上折壁、○旧藤沢、○徳田、○保呂羽、○大籠

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付
一関・平泉
2019年6月27日付