一関・平泉

飛び出すワクワク tupera tupera 亀山さん 絵本ライブ 親子が満喫 花泉図書館【一関】

迫力満点の語り口で絵本を読み聞かせるツペラ ツペラの亀山さん
さまざまな仕掛けが飛び出すツペラツペラの絵本の世界を楽しむ来場者

 絵本作家ユニット・tupera tupera(ツペラ ツペラ)の亀山達矢さん(42)による絵本ライブは9日、一関市立花泉図書館(小山克美館長)で開かれた。今年で創立50周年となった同館の記念イベントの一環。亀山さんが著書をユニークな語り口で読み聞かせ、会場に詰め掛けた親子を愉快な絵本の世界へといざなった。

 ツペラ ツペラは亀山さんと中川敦子さん(41)による夫婦ユニットで、2002年から活動。絵本とイラストの創作をはじめ、ワークショップ、工作、アートディレクションなど幅広い分野で活躍している。19年には第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。同館が13年に現在地に移転新築した際に、同館のロゴマークを手掛けた。

 同日は市内外から親子連れ104人が来場。亀山さんは「子供も大人も絵本の世界に触れて、楽しんでいってほしい」とあいさつし、「やさいさん」「おばけだじょ」「こわめっこしましょ」など14作品を発表した。

 絵本にパンツをはかせる「しろくまのパンツ」、ページを素早くめくると登場キャラクターが動き出す「うーん、うん」など、ツペラ ツペラの作品は読者を楽しませる仕掛けが盛りだくさん。亀山さんは発表の合間に絵本制作の裏側を語ったり、小山館長ら職員とコラボレーションした読み聞かせをしたりし、会場を沸かせた。

 子供たちは亀山さんの呼び掛けに元気に応え、見守る保護者は一風変わった絵本の内容に引き込まれた様子。ライブ後の亀山さんのサイン会には長蛇の列ができた。

 千葉県から訪れた竹本あさちゃん(3)は「おばけだじょが面白かった。また読んでほしい」とにっこり。母親の美咲さん(33)は「感情がこもった語り口で迫力があった。読み聞かせだけでなく、制作秘話も聞けて良かった」と話していた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年6月20日付
一関・平泉
2019年6月20日付
一関・平泉
2019年6月20日付
一関・平泉
2019年6月20日付
一関・平泉
2019年6月20日付