奥州・金ケ崎

衣川で土砂崩れ2件 大雨被害 水沢地内で床下浸水も【奥州】

大雨による土砂崩落で通行止めとなっている奥州市衣川桑畑地内の市道=23日午後1時26分ごろ

 22日夜から降り続いた雨により、奥州市衣川の市道では2件の土砂崩れが発生した。人的被害はなかったものの、このうち1件は全面通行止めが続き、市が復旧を急いでいる。市衣川総合支所によると、通行止めとなっているのは桑畑地内にある中央線のない市道。林野ののり面が崩れ、道路をふさいでいる。

 23日午前6時ごろ住民から通報が寄せられ、被害が判明した。崩落した土砂の量が多く、24日以降の通行再開を目指している。このほか前滝の沢地内でも、22日に市道ののり面が崩落。一時土砂が車道をふさいだが、深夜の除去作業で通行が確保された。同支所が23日昼までに把握した大雨による衣川地域内ののり面崩落は、農道、林道、市道各2カ所。盛岡地方気象台によると、衣川の22日の24時間降水量は77・5ミリだった。

 県総務部総合防災室や同市のまとめによると、大雨による増水で同市水沢地内の2棟で床下浸水した。また、水沢地域では道路2カ所が冠水したものの、解消したという。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年6月18日付
奥州・金ケ崎
2021年6月18日付
奥州・金ケ崎
2021年6月18日付
奥州・金ケ崎
2021年6月17日付