一関・平泉

抱えて蹴ってボールと友達 県サッカー協巡回指導 龍澤寺園児が体験【一関】

県サッカー協会の巡回指導でミニゲームを楽しむ龍澤寺こども園の園児

 県サッカー協会が主催する子供向け巡回指導は24日、一関市狐禅寺の市サッカー・ラグビー場で行われ、同市山目町3丁目の龍澤寺こども園の年長児40人がボールを使った遊びで駆け回った。

 幼児や児童を対象にした教室で、サッカーに親しんでいない子供でもボールを蹴る楽しみや体を動かす爽快さを体感してもらえるようにと県内各地で開催されている。

 今回の巡回指導では、同協会から派遣されたスタッフの鈴木道将さんと小野寺優子さんが講師を務めた。園児はボールを抱えて走る鬼ごっこで体をほぐしたほか、チームに分かれてサッカーのミニゲームを体験した。

 鈴木さんは「周りの友達をよく見ること。ボールを蹴るだけでなく、止めてもみよう。始まる前と終わった後には握手をしましょう」などとルールやマナーを教えた。

 園児は友達と競い合って一つのボールを追い掛け、シュートが決まると「やったあ」などと大歓声を上げた。遠藤晴大ちゃん(5)は「サッカーは家でもしてる。ボールをキックしたよ」と笑顔で息を弾ませていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年7月21日付
一関・平泉
2019年7月21日付
一関・平泉
2019年7月21日付
一関・平泉
2019年7月21日付
一関・平泉
2019年7月21日付