県内外

容疑者逮捕に協力を 宮古女性殺人事件 県警、情報提供呼び掛け【岩手】

JR盛岡駅前で小原容疑者に関する情報提供を呼び掛ける警察官

 2008年に宮古市川井で宮城県栗原市の佐藤梢さん=当時(17)=が殺害された事件の発覚から11年を迎えた1日、盛岡市のJR盛岡駅などで、指名手配されている小原勝幸容疑者(39)=本籍田野畑村=の手配チラシを配布し、情報提供を呼び掛けた。

 県警によると、小原容疑者は同年6月28日午後9時15分ごろから7月1日午後4時ごろまでの間、佐藤さんの首を絞めて窒息死させた疑いが持たれている。同2日に田野畑村の鵜の巣断崖で目撃されたのを最後に、消息を絶っている。

 1日は警察官21人が、同駅やJR仙台駅、宮古市内で計約1000枚のチラシを配布。盛岡駅では10人が駅利用者に情報提供を求めた。

 警察庁は小原容疑者を捜査特別報奨金対象として、上限300万円(10月31日まで)で重要指名手配に指定。県警は現在も中野和朗刑事部長をトップとする51人態勢で捜査を継続している。これまで関東圏をはじめ全国各地から「似た人を見た」といった情報提供があり、今年は1~5月で十数件もの情報が寄せられたが、逮捕につながるものはなかった。

 県警刑事企画課の柾谷修刑事指導官は「11年がたち事件が多くの人の中で風化しつつあるが、遺族のためにも一日も早く解決したい。さ細なことでも構わないので、情報を寄せてほしい」と呼び掛けている。情報は宮古署捜査本部=フリーダイヤル(0120)243852=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年7月22日付
県内外
2019年7月22日付
県内外
2019年7月22日付
県内外
2019年7月22日付
県内外
2019年7月22日付