北上・西和賀

伝統の演舞 煌々と 夏油温泉 鬼剣舞 かがり火公演始まる【北上】

かがり火がたかれる中、勇壮な演舞を披露する岩崎鬼剣舞の踊り手たち

 2019年度の鬼剣舞かがり火公演は6日夜、北上市和賀町岩崎新田の夏油温泉前庭で始まった。幻想的な雰囲気の中、国指定重要無形民俗文化財で地元の岩崎鬼剣舞のメンバーが勇壮な演舞で温泉宿泊客らを歓迎した。

 秘湯と呼ばれる夏油温泉のイメージアップを図り、宿泊客らをもてなす夏の恒例行事。初日は岩崎鬼剣舞の踊り手、はやし手の20人が出演した。

 煌々(こうこう)とかがり火がたかれる中、踊り手たちは「一番庭」「一人加護」で力強く躍動的な動きを披露。「カニムクリ」ではアクロバチックな技を決め、最後に「刀剣舞の狂い」で締めた。

 宿泊客らはじっくりと観賞。梅田正太さん(55)=東京都杉並区=は「秘湯で伝統的な踊りを見させてもらい、とても感動した。かがり火の炎とにおい、(笛と太鼓、かねの)生演奏も良かった。長い歴史の芸能を若い方々が続けているのは素晴らしい」と余韻に浸っていた。

 岩崎鬼剣舞の八重樫俊一保存会長は「初日は雨で屋内でやることが多かったが、外で本来の鬼剣舞ができて良かった。お客さんにも真剣に見てもらえたと思う」と手応えを強調。公演はあと4回あり、8月2~4日は北上・みちのく芸能まつりも控える。「わくわくする時期。みんなで楽しみながらやっていきたい」と思いを語った。

 夏油温泉のかがり火公演は13、20日と8月10、17日にも行われる。いずれも午後7時30分から。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年7月21日付
北上・西和賀
2019年7月21日付
北上・西和賀
2019年7月21日付
北上・西和賀
2019年7月21日付
北上・西和賀
2019年7月21日付