県内外

令和最初の夏 開幕 66チーム力強く行進 夏の高校野球岩手大会

力強い行進を見せる一関修紅ナイン=11日、県営球場
堂々と入場行進する花巻農ナイン=11日、県営球場

 第101回全国高校野球選手権岩手大会(県高野連など主催)は11日、盛岡市の県営球場で開幕した。前回と同じチーム数の71校66チームが出場。令和最初の甲子園出場を懸け、熱戦がスタートした。【8面に関連】

 開会式では前回優勝の花巻東を先頭に、各チームが力強く入場行進。最速163キロで全国的に注目を集める佐々木朗希投手(大船渡3年)も姿を見せ、観客席からは歓声が聞こえた。大会会長の南舘秀昭県高野連会長は「練習の成果を示せる大会であってほしい。チーム全員が主役で、与えられた役割を果たすのが大事。さまざまなプレッシャーに打ち勝ち、ドラマを完成させることを願う」と健闘に期待した。

 選手を代表し、盛岡一の千葉浩気主将(3年)は「戦争や災害などを乗り越え、令和の時代に大会は2世紀目を迎えた。一心不乱に白球を追い、多くの人に感動を与えたい。100回の歴史を築いてきた先輩たちの思いを胸に、仲間と一丸となって戦う」と宣誓した。

 開会式後は、同球場で1回戦2試合を実施。第1試合は花巻北が葛巻を下して初戦突破。第2試合は大槌が盛岡農に快勝し、2回戦に進んだ。

 12日は県営、花巻の両球場で2回戦6試合が行われる。

きのうの結果

 ◇県営球場

 ▽1回戦

花巻北 2―0 葛巻

大槌  9―3 盛岡農

きょうの試合

 ◇県営球場

 ▽2回戦

盛岡誠桜-水沢(9時)

盛岡商-釜石商工(11時30分)

県北3校連合-水沢一(14時)


 ◇花巻球場

 ▽2回戦

遠野-前沢(9時)

盛岡市立-盛岡中央(11時30分)

花北青雲-一関高専(14時)

▲一関工
▲大東
▲花泉
▲岩谷堂
▲花巻南
▲黒沢尻北
▲水沢工
▲花巻北
▲大船渡

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月20日付
県内外
2019年10月19日付