一関・平泉

きょう本渡御 成功祈願 平泉水かけ神輿宵宮

観自在王院跡で行われた宵宮渡御で水しぶきを浴びながら仮宮に向かう本神輿

 平泉町の「平泉水かけ神輿(みこし)」(平泉総社神輿会主催)は13日夕、同町の観自在王院跡で宵宮が行われ、関係者による神事や宵宮渡御で巡行中の安全を祈願した。14日の本渡御では本神輿をはじめとする大中小の神輿3基が町内に繰り出し、沿道から清めの水を浴びて豪快に練り歩く。

 会場内に設けた仮宮での神事には、担ぎ手となる同神輿会や富岡八幡宮神輿連合会をはじめ、関係者や来賓約120人が出席。同神輿会の千葉庄悦会長や齋藤清壽副町長らが玉串をささげて巡行中の無事故を祈願した。夕暮れの中行われた宵宮渡御では山王太鼓が鳴り響く中、毛越寺山門前を出発した本神輿が沿道からの水しぶきを浴びながら仮宮まで巡行した。

 宵宮に先立ち始まったひらいずみ夜祭りでは、町内幼稚園や保育所による幼児みこしをはじめフラダンス、よさこいソーラン、平泉ふるさと踊りが披露。同時開催の平泉商工会よ市も多くの来場者でにぎわった。

 14日の本渡御は午前9時からの神事に続き10時に小学生の子供神輿、中学生の中神輿、神輿会の本神輿の順に3基が観自在王院跡を出発。毛越寺境内からJR平泉駅前を通り午後1時20分に中尊寺金色堂を参拝後、平泉文化遺産センターを経て3時ごろに観自在王院跡に戻り宮入りの予定。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年7月19日付
一関・平泉
2019年7月19日付
一関・平泉
2019年7月19日付
一関・平泉
2019年7月19日付
一関・平泉
2019年7月19日付