北上・西和賀

全国舞台へ決意新た 北上翔南高鬼剣舞部 部員82人、迫力の演舞

北上翔南高校鬼剣舞部発表会。堂々とした演舞を披露する部員たち

 県立北上翔南高校鬼剣舞部の発表会は15日、北上市文化交流センターさくらホールで開かれた。8月1日に佐賀県武雄市で開催される全国高校総合文化祭(高総文祭)郷土芸能部門に向け、躍動感あふれる演舞を披露。約1000人の観客を魅了した。

 同部は2018年10月の県高総文祭同部門で最優秀賞を受賞し、今年の全国高総文祭出場権を獲得。今回は壮行会を兼ね、1~3年生の全部員82人が出演した。

 部員たちは「一番庭」の勇壮な踊りでオープニングを飾り、「扇合わせ」「三番庭の狂い」などを披露。はやし手の部員も笛や太鼓、鉦(かね)で盛り立て、1年生も「刀剣舞の狂い」で懸命の踊りを見せた。

momottoメモ

▲電子新聞momottoにログインして記事全文・紙面未掲載写真・動画を見る

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年10月16日付
北上・西和賀
2019年10月16日付
北上・西和賀
2019年10月16日付
北上・西和賀
2019年10月16日付
北上・西和賀
2019年10月16日付