県内外

一関工、花泉16強入り 夏の高校野球岩手大会

【盛岡大附―一関工】盛岡大附に競り勝ち、喜びを爆発させる一関工ナイン=県営球場

 第101回全国高校野球選手権岩手大会(県高野連など主催)は18日、県営、花巻、森山の3球場で3回戦残り8試合が行われ、16強が出そろった。【9面に関連】

 県営球場では、一関工が今春の選抜大会16強のシード盛岡大附を撃破。同点で迎えた六回に勝ち越し、そのまま1点のリードを守り切った。花巻南は八回に4点を奪われ、久慈東に屈した。水沢工は四回に逆転を許すと、流れを呼び戻せず盛岡四に敗れた。

 花巻球場では、花泉が三回に逆転すると、その後も効果的に加点し、大東との同地区対決を制した。

 19日は県営、花巻の両球場で4回戦4試合が行われる。

きのうの結果

 ◇県営球場
 ▽3回戦
盛岡四8-2水沢工
久慈東5-1花巻南
一関工4-3盛岡大附

 ◇花巻球場
 ▽3回戦
大船渡10-0一戸(六回コールド)
久慈11-1福岡(五回コールド)
花泉6-1大東

 ◇森山球場
 ▽3回戦
岩手6-0盛岡北
盛岡三4-2大船渡東

きょうの試合

 ◇県営球場
 ▽4回戦
花巻東-水 沢(10時)
千 厩-黒沢尻工(12時30分)

 ◇花巻球場
 ▽4回戦
花北青雲-一関学院(10時)
一関一-盛岡商(12時30分)

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年12月7日付
県内外
2019年12月7日付
県内外
2019年12月7日付
県内外
2019年12月7日付
県内外
2019年12月7日付