奥州・金ケ崎

心静かに座禅体験 地元児童ら 光明寺で子供教室【奥州】

お寺子供教室で座禅を体験する子供たち

 奥州佛心塾(佐藤浩昭塾長)の第28回お寺子供教室は29日、奥州市江刺南町の光明寺で開かれた。参加した江刺地域の小学生が座禅やペットボトルロケット飛ばしなどに挑戦し、夏休みの思い出を作った。

 奥州佛心塾は、奉仕活動や子供たちのイベントなどに取り組む同市の有志による団体。同教室は、寺が子供の遊び場だった古き良き風景を残し、子供の頃にしかできない経験を通して助け合いや思いやりの心を育んでもらおうと夏と冬に開催してきた。

 初めて日帰りのプログラムとなった今夏は、26人が参加。般若心経の読経でスタートし、遊びやお寺ならではの体験に取り組んだ。

 このうち座禅は、本格的な作法で取り組んだ。休憩を挟んで約40分間、畳の上で静かな時間を過ごした。

 千葉耀大君(岩谷堂5年)は「年ごとに違う行事やお寺で遊べるのが楽しみで毎年参加している。座禅の時間はいつもより長く感じた」と話していた。

 同寺住職でもある佐藤塾長(51)は「座禅には年齢に応じて教え方があるが、今回は我慢を教えたかった。体も気持ちも自然に楽な方へ動くが、集中することができれば勉強もスポーツもできる。活動を通し、1人で生きているのではないことを肌で感じてほしい」と願っていた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2021年5月10日付
奥州・金ケ崎
2021年5月10日付
奥州・金ケ崎
2021年5月10日付
奥州・金ケ崎
2021年5月10日付