県内外

令和の甲子園 開幕 花巻東、力強く行進 全国高校野球選手権大会

第101回全国高校野球選手権大会の開会式で、入場行進する花巻東の選手=6日、甲子園

 【甲子園取材班】第101回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。開会式では令和最初の夏に地方大会を勝ち上がった代表49校が入場行進。2年連続10度目出場の本県代表の花巻東ナインも「岩手から日本一」の悲願を胸に力強く行進した。

【8、統合社会面に関連】

 夏空の下、開会式は午前9時から行われ、前回優勝の大阪桐蔭の中野波来主将(3年)に続き、各校が北から順に入場。4番目に登場した花巻東は旗手の中村勇真主将(3年)を先頭にナインが引き締まった表情で大きく腕を振り、聖地を踏みしめた。

 式を終えた中村主将は「ついに甲子園が始まったと実感した。自分たちの試合に向けて良い練習をし、令和元年度の優勝旗を必ず岩手に持ち帰る」と気持ちを高ぶらせた。

 花巻東は大会第4日(9日)の1回戦第1試合で、2年連続13度目出場の鳴門(徳島)と対戦する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月17日付
県内外
2019年11月17日付
県内外
2019年11月17日付
県内外
2019年11月16日付
県内外
2019年11月16日付