県内外

返礼品の産地虚偽表示 八幡平市のマツタケ 県警、ふるさと納税業者逮捕【岩手】

 県外産のマツタケを八幡平市産と偽装し、同市ふるさと納税返礼品として寄付者に発送したとして、岩手署などは8日、不正競争防止法違反の疑いで、市から業務を受託していた一般社団法人ドリームプロジェクト代表理事の関欣哉容疑者(57)=同市安比高原=、同法人八幡平支店長、菊池光洋容疑者(38)=同市大更=を逮捕した。

 逮捕容疑は、2018年10月下旬から11月上旬までの間、市内の同支店内で、県外産のマツタケをラベル表示などで同市産と偽り、市ふるさと納税品として寄付者に複数回発送した疑い。

 県警生活環境課によると、5月に虚偽表示のマツタケが寄付者に送られているとの情報を得て、同署などが捜査していた。県警は共犯のため、2人の認否を明らかにしていない。

 マツタケは全国各地に発送され、昨年10月下旬~11月上旬の発送件数は数十件に上るとみられる。同法人は同市と陸前高田市に事務所を置き、高齢者や授産施設の利用者に就労機会を提供していた。

 八幡平市は17年6月から返礼品事務代行業務を同法人に委託し、返礼品の集荷から梱包(こんぽう)、発送までほぼ全ての業務を一任していた。

 市によると、昨年度の返礼品発送件数は4750件で、寄付金総額は1億6224万2000円。マツタケは秋の返礼品として取り扱っていた。

 佐々木孝弘市企画財政課長は「事実関係を確認した上で、今後の対応について検討する」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年9月15日付
県内外
2019年9月15日付
県内外
2019年9月15日付
県内外
2019年9月15日付
県内外
2019年9月15日付