北上・西和賀

【山歩録】39.夏油川に心洗われる経塚山

夏油川を渡る参加者
山の日に経塚山に登り、山頂で記念撮影した参加者

 北上市最高峰の経塚山(1372メートル)は、夏油三山の一つ。和賀町山岳会(佐藤安美会長)は「山の日」の8月11日、地域住民が経塚山に挑戦する機会をつくり、古里の山に親しんでもらおうと交流登山を実施しました。市民や会員ら26人が夏油川の徒渉、ロープを使った急斜面の登り、花咲く稜線歩きなど登山の醍醐味を味わいました。

 

▲6時30分頃、夏油温泉前の登山口から出発。目指す経塚山の頂が林道から見えました(7時17分)
▲夏油川に架かっていたトラス橋の跡。2014年5月に崩落が発見され、登山愛好者らから再建が期待されています(7時52分)
▲徒渉直後の急斜面にはロープが設置されています(8時3分)
▲水分補給を欠かさず、熱中症に備えます(9時25分)
▲木の根の階段を登ります(9時28分)
▲アジサイが登山道を彩ります(9時53分)
▲「お坪の松」と呼ばれる地点は冷気が漂う風穴が多数あり、涼しく感じられます(10時13分)
▲背の高い木々がなくなり、視界が開ける斜面に出ました(11時1分)
▲斜面はまるで花畑。キンコウカが咲き乱れます(11時2分)
▲薄紫のハクサンシャジンが見頃です(11時16分)
▲黄色いトウゲブキも咲きます。山頂直下です(11時19分)
▲経塚山の頂(12時6分)
▲山の日登山を記念し、有志による鬼剣舞が披露されました
▲鬼剣舞の笛の音が山頂を包みます
▲下山開始。アザミのトゲが登山者を驚かせます(12時37分)
▲山頂周辺は霧にまかれていました
▲霧が晴れ、金ケ崎町の景色を眺めました(12時46分)

▲夏油三山の一つ、駒ケ岳。山頂の駒形神社奥宮までくっきり見えました
▲茶色い山肌が見える左のピークは、夏油三山の牛形山。右に白っこ森、鷲ケ森、丸子峠と縦走できます(13時28分)
▲橋がないため、夏油川はじゃぶじゃぶと渡ります。和賀町山岳会が丈夫な肥料袋を用意し、参加者の徒渉を助けました(15時15分)

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付