北上・西和賀

古里に感謝 大人へ一歩 西和賀町成人式

西和賀町の記念式典に臨む新成人

 西和賀町の2019年度成人記念式は15日、同町上野々の町文化創造館銀河ホールで行われた。大人の仲間入りを果たした新成人たちは、古里への感謝を胸に、社会人としての一歩を踏み出すことを誓った。

 式には1998年4月2日~99年4月1日に生まれた町内出身、在住の対象56人のうち45人が出席。細井洋行町長や髙橋一夫副町長、佐藤敦士教育長、町議、町職員、学校関係者、地域住民らが見守った。

 終戦記念日に当たり、出席者全員で黙祷(もくとう)をささげた後、細井町長は「皆さんが地域社会の担い手となり、存分に活躍することを期待する。西和賀に生まれ育った西和賀人としての誇りを持ち、これからも古里とつながりを保ち続けてほしい」と式辞。来賓の髙橋雅一町議会議長、藤原崇衆院議員が祝辞を述べた。

 新成人一人ひとりの名前が読み上げられた後、代表して盛岡市在住の大学生髙橋大輝さん(20)=清水ケ野出身=が成人証書を受け取った。

 誓いの言葉では、仙台市在住の自衛隊員髙橋航太さん(20)=大野出身=が「災害などさまざまな問題を抱える現代で、みんなが笑顔で暮らせる世の中を自分たちでつくっていかなければならない。これから多くの困難に勇気をもって立ち向かい、日々精進していく」、アナウンサーを志す大学生高橋礼子さん(20)=湯本出身、盛岡市在住=が「地域活性化に励む家族や住民の影響で地元に貢献したいと思うようになった。岩手を代表するアナウンサーとなり、地域の魅力を発信してまちづくりに励む人たちをサポートしたい」とそれぞれ決意を語った。

 式後には新成人主催の記念行事が行われ、中学時代を写真で振り返ったほか、再会した同級生や恩師との思い出話に花を咲かせた。

momottoメモ

▲電子新聞momottoにログインして紙面未掲載写真を見る
▲【平泉町でも成人式】自覚と決意 胸に 59人新たな門出

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付