一関・平泉

雨上がりの夜空に大輪 おらが自慢の花火・川崎【一関】

送り盆の夜空を色とりどりの花火が染めたかわさき夏まつり「おらが自慢のでっかい花火」大会

 第49回かわさき夏まつり(実行委主催、岩手日日新聞社など後援)は16日、一関市川崎町薄衣地内の北上大橋下流河畔を主会場に開かれた。台風10号の北上に伴う雨も上がり、東北有数の規模を誇る「おらが自慢のでっかい花火」大会では、2尺玉をはじめとする花火およそ1万発を送り盆の夜空に鮮やかに打ち上げた。【一関社会面に関連】

 西日本を縦断した大型の台風10号の影響で県南地方も同日、所により激しい雨が時折降り、北上川の水位の上昇などによっては大会中止となる可能性もあったが、無事打ち上げにこぎ着けた。

 午後7時の号砲とともに、迫力ある「尺玉3連」が頭上いっぱいに広がると、見物席から大きな歓声が上がり、「スーパージャンボスターマイン」や「尺玉8連」、市民ら提供による「募金花火」「メモリアル花火」などが夜空を明るく彩った。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年9月22日付
一関・平泉
2019年9月22日付
一関・平泉
2019年9月22日付
一関・平泉
2019年9月22日付
一関・平泉
2019年9月22日付