北上・西和賀

人命救助 適切に 消防本部 江釣子中教職員、生徒を表彰【北上】

人命救助で感謝状を受けた江釣子中の(右から)柿崎校長、田原さん、松岡さん

 部活動中に突然倒れた男子生徒の命を救ったとして、北上市立江釣子中学校(生徒326人)の教職員とバスケットボール部員が北上地区消防組合消防本部から表彰された。柿崎肇校長は「若い命を救うため、この事例が他にも広がれば」と思いを語る。

 同本部などによると、6月10日午後3時55分ごろ、体育館で部活動のランニング中だった男子生徒(1年)が急に倒れ、心肺停止状態になった。その場にいた顧問の小笠原一隆教諭が、119番通報と他の教職員への応援要請を部員に指示した。

 駆け付けた教諭たちは男子生徒を保健室に搬送し、小原学、鷲山潮子両教諭が119番通報。合流した柿崎校長は男子生徒の容態を確認後、心臓マッサージと人工呼吸を他教諭と交代で実践した。さらに自動体外式除細動器(AED)の使用や心肺蘇生法を継続し、救急隊が到着するまでの間、救命措置を続けた。

 迅速かつ適切な教職員たちの連携と部員の行動、その後の治療もあり、男子生徒は後遺症もなく回復。現在は学校生活にも復帰したという。

 即座に状況判断し、指示や措置といった対応をいち早くできるかで生存率は大きく変わることから、柿崎校長は「教職員と部員の行動を誇りに感じた。定期的な救命講習が必要だと思う」と、万一の備えの大切さを再認識していた。

 田原成隆さんと松岡那奈さん(ともに3年)は当時、男女バスケットボール部でそれぞれ部長を務めていた。田原さんは「(男子生徒が)学校に戻ってきてくれたので安心した」と胸をなで下ろし、松岡さんは「部員たちは自分のやるべきことができていた」と、とっさの行動を振り返った。

 感謝状の贈呈は19日に同校であり、同本部から感謝状と盾が贈られた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付
北上・西和賀
2019年11月21日付