一関・平泉

かさこじぞうに感謝 花泉保育園児【一関】

感謝の気持ちを込めて「かさこじぞう」に手を合わせる花泉保育園の園児ら

 一関市花泉町の花泉保育園(宇津野弘人園長、園児101人)の園児は23日、同町花泉地内の「かさこじぞう」前で地蔵盆参りを行った。日ごろから地域を優しく見守るお地蔵様にありがとうの気持ちを伝え、無病息災を願った。

 同園の5歳児19人のほか、地域住民ら約60人が参列。園児たちは「お地蔵まつり」を合唱した後、6体の地蔵の前で静かに手を合わせた。

 前日は園児が地域住民と一緒に地蔵を磨いたほか、編み笠(がさ)とちゃんちゃんこを着せ替えた。佐々木千里ちゃん(6)は「上手に歌うことができた。お地蔵さんは優しい顔をしていた」と話していた。

 かさこじぞうは、1983年に花泉ロータリークラブが設置。日々地域を見守っている地蔵に感謝の気持ちを込めて、「地蔵盆の日」の8月24日に毎年地蔵盆参りを実施している。

momottoメモ

▲電子新聞momottoにログインして紙面未掲載写真を見る

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年9月23日付
一関・平泉
2019年9月23日付
一関・平泉
2019年9月23日付
一関・平泉
2019年9月23日付
一関・平泉
2019年9月23日付