北上・西和賀

来月から通行止め 北上中央橋 長寿命化へ修繕工事

長寿命化へ今年度から3カ年事業で補修工事に入る北上中央橋。9月2日から車両通行止めとなる

 北上市は同市黒岩、二子両地区を結び北上川に架かる市道口内村崎野線北上中央橋の長寿命化に向けた修繕工事に着手する。2019~21年度の3カ年事業で、初年度は橋面の防水工などを手掛ける。工事のため9月2日から2カ月半車両通行止めとなり、理解を求めている。

 同橋は農道橋として1973年架設(全幅6・8メートル、橋長433・45メートル)。北上川東西両地区を結ぶ重要路線として役割を果たし、現在は特に北上工業団地を行き交う大型車の通行が多くなっている。架設から56年が経過し、市は今後向こう50年間の長寿命化に向け修繕工事を施す。

 今年度は橋表面のアスファルトを打ち替え、防水シートを張り替える。橋げたつなぎ目の伸縮装置や排水施設も撤去、新設し、道路照明も発光ダイオード(LED)化。橋内部のダンパーケーブルも補修する。

 2年目となる2020年度は欄干の交換、最終年度の21年度はコンクリート補修を予定する。3年間の総事業費は2億8000万円。

 工事のため9月2日から10月28日までは車両通行止めとし、歩行者と自転車は通行可。10月29日から11月18日までは全面通行止めとなる。

 市道路環境課の鈴木善一課長は「通行止め期間はかなり遠回りしていただかねばならず、ご不便をお掛けする。今回の工事であと50年、橋を使えるようになるだけにご理解いただきたい」と求めている。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年11月17日付
北上・西和賀
2019年11月17日付
北上・西和賀
2019年11月17日付
北上・西和賀
2019年11月17日付
北上・西和賀
2019年11月17日付