県内外

4こま漫画見に来てケロ 県南3市町 ケロ平題材の作品展示【岩手】

ケロ平も訪れ来場者にアピールした平泉町役場での4こま漫画巡回展

 世界遺産平泉PRキャラクターの「ケロ平(ひら)」を題材に子供たちが描いた4こま漫画を展示する巡回展は27日、一関、奥州、平泉3市町の会場で始まり、かわいらしいタッチで描かれたユニークな作品の数々が来場者の関心を集めている。10月4日まで。

 県南広域振興局がケロ平に愛着を感じ、平泉の文化遺産への関心を深めてもらおうと、7月に平泉町で開いたワークショップで子供たちが描いた97作品を同町役場1階ロビーと一関、奥州両市役所の3会場に分けて展示。このうち平泉会場では、町内の児童を中心にケロ平が世界遺産を巡るものや、カエルの鳴き声をコミカルに表現したもの、ケロ平の写真を貼り合わせた物語など自由な発想の24作品を紹介している。

 会場にはケロ平も訪れ、「実物と同じくらいかわいいケロ平がいるので、ぜひ見に来てケロ」とアピールしていた。

 展示作品は2週間ごとに3会場を巡回して入れ替え、各会場で全作品を楽しめるようにする。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付
県内外
2019年11月20日付