県内外

31日の大曲花火大会 余裕ある計画呼び掛け NEXCO東日本

秋田道 最大15キロ渋滞

 NEXCO東日本北上、横手両管理事務所は、31日に秋田県大仙市で開催される第93回全国花火競技大会(大曲の花火)に伴う秋田道の渋滞予測をまとめた。

 今年5キロ以上の渋滞が予想されるのは、北上ジャンクション(JCT)-横手インターチェンジ(IC)間の上下線計2カ所。大会終了後も大曲、横手両IC入り口や東北道方面へ向かう上り線、会場周辺の一般道も渋滞が予想されるため、ゆとりある計画を立てた上で、余裕を持った通行の徹底を呼び掛けている。

 下り(秋田方面)は北上JCT-湯田IC間で、31日午前10時ごろから午後4時ごろまで。渋滞の先頭は和賀仙人トンネル付近(北上西ICの先9キロ)で、ピークは午後1時ごろに15キロの渋滞が見込まれる。

 一方、上り(北上方面)は横手IC-湯田IC間で、31日午後11時ごろから翌9月1日午前3時ごろまで。渋滞の先頭は湯田IC付近で、ピークは1日午前1時ごろに5キロの渋滞を予想している。

 NEXCO東日本では、渋滞対策として大曲IC出口料金所に誘導員を配置するほか、錦秋湖サービスエリア(SA)、山内パーキングエリア(PA)、大森PA、西仙北SA(下り)の駐車場に交通整理員を置く。

 山内PAと大森PA(ともに下り)では、会場周辺の交通規制図の配布などで渋滞情報を周知。秋田道本線には仮設の情報板も設置する。

 錦秋湖SAでは大会当日の営業時間を延長する。売店・軽食コーナー、ガソリンスタンドとも、31日午前7時から翌日午後8時まで。同SA近くの温泉施設「オアシス館」は現在営業を休止中。

 渋滞の発生状況に関する問い合わせは、NEXCO東日本お客さまセンター=0570(024)024=まで。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月17日付
県内外
2019年11月17日付
県内外
2019年11月17日付
県内外
2019年11月16日付
県内外
2019年11月16日付