花巻

地域資源“飲んで”感じて きょうからワインツーリズム【花巻】

 ワインツーリズムいわて2019(花巻市主催、紫波町協賛)は、31日と9月1日に同市をメインに開かれる。ワイナリーや酒蔵での試飲やイベントなどを通じて、花巻市のワイン産地の認知度向上と、南部杜氏(とうじ)発祥地の紫波町の風土など両市町の地域資源が持つ魅力を感じてもらう。

 開催時間は両日とも午前8時30分ごろから午後5時ごろまで。雨天決行。対象は大人(未成年者無料、ただし保護者同伴)。

 当日は事前申し込みの参加者が専用バスから各ワイナリーや酒造、商店街などを巡回する。各会場では、有料・無料のテイスティグを用意しているほか、各ワイナリーや酒造、商店街が考えた地域イベントが行われる。

 イベント会場は、同市大迫町のエーデルワイン、高橋葡萄(ぶどう)園、亀ケ森醸造所、大迫商店街、同市東和町の土沢商店街、同市幸田のアールペイザンワイナリー(銀河の里)、紫波町の自園自醸ワイン紫波、吾妻嶺酒造店、月の輪酒造店、廣田酒造店、高橋酒造店。ワイナリー・酒蔵は花巻、紫波、遠野、平泉、陸前高田、野田の6市町村から17社が参加する予定。

 各イベント会場では、有料の試飲などがあり、事前申し込みをしていない人でも参加できる。市ホームページに詳細を掲載している。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年9月17日付
花巻
2019年9月17日付
花巻
2019年9月17日付
花巻
2019年9月17日付
花巻
2019年9月16日付