花巻

軒花づくり最盛期 イーハトーブあけぼの【花巻】

軒花製作が進むイーハトーブあけぼの

 秋祭のシーズンを控え、地域を彩る軒花(のきばな)を製作している花巻市社会福祉協議会障害者就労継続支援B型事業所イーハトーブあけぼの(及川好布管理者)=同市石神町=で作業が進められている。花巻まつり(13~15日)直前のこの時期は、企業や団体の需要に加え家庭用小口注文も多く舞い込む。同事業所利用者らが、急な購入申込にも応えられるよう、製作に励んでいる。

 地域の軒先や山車を飾る軒花は、花巻まつりなど秋祭りには欠かせない存在。同事業所では例年町内会や個人からの注文を受け付けており、2019年分は約7400本に上っているという。

 3個の花をつり下げる形の3連が1本230円、5連は1本370円。個別売りの飾り花は1個35円。及川管理者は「今年は25団体から申し込みを頂き、新聞記事を見たという釜石市、大船渡市の方からも注文があった。祭りの頃には家庭用の購入も多くなる。在庫はあるのでお気軽にどうぞ」と呼び掛ける。注文、問い合わせは同事業所担当の柏葉さん、矢幅さん=0198(21)1812=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年11月13日付
花巻
2019年11月13日付
花巻
2019年11月13日付
花巻
2019年11月13日付
花巻
2019年11月13日付