一関・平泉

きょう白露 ハギ咲き始め 平泉町毛越寺

毛越寺の境内で赤紫色のかれんな花を咲かせたハギ

 8日は二十四節気の一つ「白露」。暦の上では朝晩の気温が低くなり、草花に朝露が付くなど秋の気配が感じられる頃とされるが、一関地方は本州付近を覆う高気圧の影響で7日の最高気温が一関で30・7度、千厩でも30・3度(ともに盛岡地方気象台調べ)と2日連続の真夏日を記録。夏に逆戻りしたような蒸し暑い一日となった。

 こうした中、平泉町の毛越寺では秋の七草の一つとなるハギが咲き始めた。同寺では15日に萩まつりが開幕する予定で、しなやかに垂れた枝先に多くの赤紫色の花を付けたかれんな姿が参拝客らの目を楽しませていた。

 同気象台によると、8日は高気圧に覆われておおむね晴れるが、湿った空気の影響で朝晩は曇る見込み。最高気温も引き続き高くなることから、熱中症など健康管理に注意を呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月15日付
一関・平泉
2019年11月15日付
一関・平泉
2019年11月15日付
一関・平泉
2019年11月15日付
一関・平泉
2019年11月15日付