花巻

楽しみいっぱい手作り出店 こぶし苑ふれあいの里まつり【花巻】

来場者がゲームコーナーやステージ発表を楽しんだ「ふれあいの里まつり」

 障害福祉サービス事業所こぶし苑の「ふれあいの里まつり」(実行委主催)は8日、花巻市湯口の同苑で開かれた。会場はステージ発表や地域手作りの各種出店、ゲームコーナーなど楽しい企画盛りだくさんで、利用者と地域住民が楽しいひとときを過ごした。

 イベントを通した地域への事業所紹介、湯口地区活性化への貢献などを狙いに毎年開かれており、同日で29回目。同日の花巻は最高気温が32度を超える真夏の暑さとなり、かき氷や冷たい飲み物を扱うブースが人気を集めていた。

 同苑を運営する「花巻ふれあいの里福祉会」の福岡勝夫理事長らがあいさつして開幕。アトラクションに登場した市立花巻中学校吹奏楽部の演奏や同苑利用者によるダンス発表などが、来場者から拍手を受けていた。

 軽飲食やゲーム、地区民のど自慢、ステージ発表まで地域手作りのまつり。ボランティアで参加した専修大北上福祉教育専門学校1年の岩渕鈴音さん(19)は「(まつりの最後に上がる)花火が見たくて参加した。将来は福祉サービス事業所で働きたいと思っているので、利用者さんとのコミュニケーションの取り方などを勉強したい」と話し、暑さで忙しいかき氷コーナーで、笑顔で立ち働いていた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年11月18日付
花巻
2019年11月18日付
花巻
2019年11月18日付
花巻
2019年11月18日付
花巻
2019年11月18日付