一関・平泉

ベイシー楽団「ベイシー」へ あす盛岡公演前に訪問【一関】

レコードを聴きながらベイシー楽団メンバーと談笑する菅原さん(中央)

 地球上で最もスイングするといわれるカウント・ベイシー楽団が13日、一関市地主町のジャズ喫茶ベイシーに立ち寄った。楽団リーダーを長く務めたベイシーも生前に訪れ、店名もベイシーお墨付きなことは有名。今回は15日に盛岡市の県民会館で開かれるいわてジャスなどの出演前の訪問で、来店は2011年に東日本大震災復興支援ライブコンサートを世界文化遺産の平泉町・毛越寺で開催して以来8年ぶり。

 店主の菅原正二さん(77)は親交あるメンバーと「昔からのよしみ」の再会に大喜びの様子で「寄るのはちょっとしたコーヒーブレークのようなもの。若手は往年のベイシー楽団のレコードをあまり聴いていないので、いろいろかけて勉強もさせたい」と談笑。楽団リーダーのスコッティ・バーンハートさん(54)も「店はやはり素晴らしい雰囲気。昔のレコードも聴けるので楽しい。岩手での公演は名誉なこと。元気な音楽を届けたい」と全員で盛り上がっていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年9月18日付
一関・平泉
2019年9月18日付
一関・平泉
2019年9月18日付
一関・平泉
2019年9月18日付
一関・平泉
2019年9月18日付