県内外

県議会 議長に関根氏(北上) 中平氏(久慈)が副議長【岩手】

▲関根敏伸氏
▲中平 均氏

 改選後初となる県議会の臨時会は19日開かれ、正副議長選が行われた。投票の結果、議長に第1会派「希望いわて」の関根敏伸氏(64)=北上選挙区=、副議長には第3会派「いわて新政会」の中平均氏(47)=久慈選挙区=が選ばれた。

【2面に関連】

 選挙は議長、副議長の順に単記無記名投票で行われた。

 議長選は議員48人中、投票総数48票(無効票1)で、関根氏が28票、岩崎友一氏(自民党)が14票、飯澤匡氏(いわて県民クラブ)が5票となり、関根氏が当選した。

 副議長選は、投票総数48票(無効票1)で、中平氏が27票、佐々木茂光氏(自民党)が15票、工藤勝博氏(県民ク)が5票で中平氏に決まった。

 今回も慣例とされる第1、第2会派での正副議長ではなく、前回と同様に第1、第3会派での正副議長となった。就任後に記者会見した関根議長は「公正中立かつ円滑な議会運営に努めていきたい」、中平副議長は「議長を補佐し公正中立な議事運営に力を尽くしたい」とそれぞれ抱負を語った。

 関根 敏伸氏(せきね・としのぶ) 北海道大卒。北上ヘルシー代表取締役。2003年県議初当選。現在5期目。北上市出身。

 中平 均氏(なかたい・ひとし) 岩手大卒。東北地方建設局職員などを経て03年に県議初当選。現在4期目。久慈市出身。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付