県内外

小田和正さん「ダイジョウブ」に 東北新幹線発車メロディー JR盛岡駅

11月から2年間限定

 JR東日本は、11月1日から盛岡駅の新幹線ホーム発車メロディーを、シンガー・ソングライター小田和正さんの「ダイジョウブ」に変更する。NHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の主題歌で、盛岡市にゆかりのある楽曲であることから採用。同市在住の作曲家佐藤将展さんが発車メロディー用にアレンジし、2年間の期間限定で流す。

 発車メロディー変更は、同駅が2020年11月1日に開業130年を迎えるに当たり、乗客に盛岡らしさを感じてもらおうと実施。県内の新幹線駅では一ノ関の「夕暮れ時はさびしそう」(NSP)に続き2例目、東北新幹線の駅では6例目となる。

 「ダイジョウブ」は、盛岡市を主な舞台として07年度に放送されたNHK連続テレビ小説「どんど晴れ」の主題歌。爽やかなメロディーが盛岡の雰囲気に合っており、県内外に広く浸透していることから選ばれた。

 盛岡駅の発車メロディーは、11、12番線用と13、14番線用の2種類(20~30秒程度)を制作。正式導入に先立ち、10月19日に盛岡駅滝の広場で開く「盛岡駅まつり」で音源を初公開する。

 JR盛岡支社の石田亨支社長は「発車メロディーを聴いて『盛岡に来たんだ』と実感していただくとともに、盛岡の良さを知ってもらえれば」と語っている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付
県内外
2019年10月23日付