奥州・金ケ崎

個性生かし家庭的 あおぞら保育園開園 0、1歳児9人入園【金ケ崎】

0、1歳児9人が保護者と一緒に式に臨んだ小規模保育所「あおぞら保育園」の入園式

 NPO法人輝き(千葉政幸理事長)は1日、金ケ崎町西根南町地内に小規模保育園「あおぞら保育園」を開園した。同地内に施設を新築し、2歳児以下を対象に家庭的な雰囲気の中で保育に当たる。同日は0、1歳児合わせて園児9人が保護者と共に出席して入園式を行った。

 1歳児「つき組」の3人、0歳児「ほし組」の6人の入園児が保護者と一緒に来賓、職員らの拍手に迎えられて入場。千葉理事長は「一番は安全で事故のない保育をすること。皆さまの支援、協力を得ながら良い保育園づくりに努めていきたい」とあいさつした。

 園児全員の呼名に続き、来賓の髙橋由一町長が「子育てしやすい環境を皆さんと一緒につくっていきたい。園は地域にとって大事な宝だ」と祝辞を述べ、今後に期待を寄せた。

 同法人による小規模保育園は、2018年4月に家庭的保育園から移行した「かがやき保育園」(同町西根南町)に続き2施設目。

 園舎は、かがやき保育園から道路を挟んで西側の敷地に設けられ、木造亜鉛メッキ鋼板ぶき平屋建て、床面積193・77平方メートル。保育室3室と調理室、多目的ホール、幼児用トイレ、事務室を設ける。定員12人。

 開園日は平日(祝日、12月29日~1月3日除く)と土曜日、時間は午前7時30分から午後6時30分まで。園長、保育士5人ら職員11人体制で、一人ひとりの個性に配慮し、生涯にわたり生きる力を養うため年代に応じた保育に当たる。

 かがやき保育園との施設連携に加え、同法人職員による月2回の英語教育(英語遊びなど)も計画する。

 町子育て支援課によると、あおぞら保育園開園により現時点で同町待機児童数はゼロとなった。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年10月20日付
奥州・金ケ崎
2019年10月20日付
奥州・金ケ崎
2019年10月20日付
奥州・金ケ崎
2019年10月20日付
奥州・金ケ崎
2019年10月20日付