県内外

“岩手の味”ポテチに カルビー 福田パン「あん・バター入りサンド」再現 12月まで期間限定販売

福田パンの人気商品「あん・バター入りサンド」の味を再現したカルビーのポテトチップス

 大手スナック菓子メーカーのカルビー(東京都)は、盛岡市に店を構える福田パンの人気商品「あん・バター入りサンド」の味を再現したご当地ポテトチップスを開発した。あんことバターの風味が楽しめる“岩手の味”として、東北など8県で12月下旬までの期間限定で販売する。

 カルビーは、2017年度から47都道府県の地元の味をポテトチップスで再現し、数量・期間限定で発売するプロジェクトを展開。岩手の味として17年度に「盛岡じゃじゃ麺」、18年度に「ひっつみ汁」を売り出した。

 今年度も「まめぶ汁」など多彩な案が出されたが、今年で創業71年を迎える老舗・福田パンの「あん・バター入りサンド」が高い支持を得たため、商品化を決定。あんこなどを加工したパウダーをポテトチップスに降り掛け、あんことバターの優しい風味や、小麦の香りが口いっぱいに広がる味わいに仕上げた。

 福田パンの福田潔代表取締役は「チップスに甘さを加えるのは難しいと思ったが、うまく調整されている。パンは日持ちしないが、おやつや旅行のお土産として広く食べてもらえそうだ」と期待を込めた。

 オープン価格で、1袋(55グラム)税込み130円前後を想定。岩手、青森、宮城、秋田、山形、福島、新潟、長野の計8県のスーパーなどのほか、カルビーアンテナショップで販売する。カルビー東日本営業本部の後藤綾子本部長は「ポテトチップスにもあんこが合うという驚きを感じてほしい。地元になじみ深いソウルフードとして、多くの人に味わってもらえれば」とPRしている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月18日付
県内外
2019年10月18日付
県内外
2019年10月18日付
県内外
2019年10月18日付
県内外
2019年10月18日付