県内外

活性化へ役立てて キリンビールデザイン缶 売り上げ一部 県に寄付【岩手】

寄付金の目録を浅沼参事(左)に手渡す泉水支店長

 キリンビール東北統括本部(杉山和之本部長)は8日、今夏に発売した「キリン一番搾り 東北の夏祭りに乾杯」デザイン缶の売り上げに応じた寄付金12万円を県に贈った。県は観光振興に活用する。

 同社岩手支店の泉水謙二支店長が県庁を訪れ、県商工労働観光部の浅沼秀行参事兼観光課総括課長に目録を手渡した。

 泉水支店長は「岩手にはいろんな観光資源がある。地元密着の営業活動の恩返しとして今後も活性化に役立つ活動を進めたい」と話した。

 浅沼参事は「盛岡さんさ踊りも過去最高の人出となり、盛り上げに一役買ってもらった。これからも支援をいただきたい」と感謝した。

 東北6県の代表的な夏まつりのイラストをあしらったデザイン缶(350ミリリットル)の販売は2018年に続いて2年目。7月から東北限定で発売し、商品売り上げ1本につき1円を東北各県に寄付している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年10月21日付
県内外
2019年10月21日付
県内外
2019年10月21日付
県内外
2019年10月21日付
県内外
2019年10月21日付