奥州・金ケ崎

和の雰囲気そのままに 及川さんが古着リメーク展【奥州】

及川さんのリメーク作品が並ぶ「2019 きものリ・ライブ展」

 小袖工房MUGI主宰の及川三枝子さん(68)=奥州市水沢羽田町=による「2019 きものリ・ライブ展」が11日、同市水沢字柳町のギャラリー梅小花で始まった。及川さんの手で古着から生まれ変わった着物を中心に展示・販売。会場は和の雰囲気に包まれている。14日まで。

 同ギャラリーでの開催は11年目。今回は新作の和服2着を含む和・洋服約70着をはじめ、バッグインバッグや腕抜きなどリメーク中心の作品を並べた。いずれも素材の布地や模様を生かした仕上がりになっている。

 20年ほど前からリメークを始めた及川さん。「いざというときの着物はまず着る機会がない。家族から受け継いだ物はオンリーワンでもあるので、普段着にもできるよう作り替えた方が残していける」と創作意図を話している。

 時間は午前10時~午後5時(最終日は4時)。会場への問い合わせは同ギャラリー=0197(24)3100=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年10月23日付
奥州・金ケ崎
2019年10月23日付
奥州・金ケ崎
2019年10月23日付
奥州・金ケ崎
2019年10月23日付
奥州・金ケ崎
2019年10月23日付