一関・平泉

一流のプレーに歓声 日本女子ソフト1部岩手大会開幕 4チームが熱戦【一関】

4チームが出場して開幕した日本女子ソフトボールリーグ1部第9節岩手大会

 第52回日本女子ソフトボールリーグ1部第9節岩手大会(日本ソフトボール協会など主催、岩手日日新聞社共催)は13日、一関市萩荘の一関運動公園野球場で開幕した。4チームが出場し、14日まで2日間の日程で熱戦を展開。選手たちが初日からハイレベルなプレーを繰り広げ、観衆を沸かせた。

 今年で8回目となる今大会は、台風の影響で開催日を1日順延。上野由岐子投手、花巻東高出身の工藤環奈選手が所属するビックカメラ高崎BEE QUEEN、専大北上高出身の寺澤小百合投手が所属するNECプラットフォームズRedFalcons、デンソーブライトペガサス、SGホールディングスギャラクシースターズが出場している。

 第1試合はデンソーとSGホールディングスが対戦。デンソーは先発カリー・フーバー投手が相手打線を2安打に封じて2-0で完封勝ちした。

 第2試合はSGホールディングスが一回に4番山科真里奈選手の2ランで先制すると、富士大出身の相馬里砂選手の代打本塁打などで点差を広げてNECを4-1で下した。

 第3試合はビックカメラ高崎が4-1でNECを退けた。四回に4点を加えて先制し、NECの反撃を振り切った。

 会場では同市花泉町油島の要害平地区の住民でつくる出前餅つき隊が餅1000食を振る舞い、来場者に一関地方の食文化をPRした。

 試合前には、市内のスポーツ少年団に所属する女子児童が本県ゆかりの選手に花束を贈呈。始球式を行い、エスコートキッズも務めた。

 第1試合で始球式を行った千厩ソフトボールスポーツ少年団の神田みらのさん(千厩小学校6年)は「エスコートキッズはやったことがあるけど、始球式は初めてだったのでうれしかった」、藤沢ソフトボールJr.の佐藤理央さん(藤沢小学校6年)も「少し緊張したけど、いいコースにボールを投げられた」とともに笑顔を見せていた。

 14日の第1試合はNEC-デンソー、第2試合がビックカメラ高崎-デンソー、第3試合はビックカメラ高崎-SGホールディングス。開始時間は第1試合が午前10時、第2試合が午後0時30分、第3試合が3時。

 初日の結果は次の通り。

▽第1試合
デンソー
 000 200 0|2
 000 000 0|0
SGホールディングス
(デ)フーバー-山澤
(S)加藤、パーナビー-藤原、山科

▽第2試合
NEC
 000 010 0|1
 201 001 ×|4
SGホールディングス
(N)三木、大塲-小嶺
(S)パーナビー-山科
 ▽本塁打=山科、中村、相馬(S)▽三塁打=藤原(S)

▽第3試合
NEC
 000 010 0|1
 000 400 ×|4
ビックカメラ高崎
(N)城戸、大塲、寺澤-小嶺、長井
(ビ)勝股、濱村-我妻
 ▽本塁打=和田(N)中西、森(ビ)▽二塁打=松本(N)森(ビ)

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月21日付
一関・平泉
2019年11月21日付
一関・平泉
2019年11月21日付
一関・平泉
2019年11月21日付
一関・平泉
2019年11月21日付