一関・平泉

57の業者・団体出店 あすから商工祭 一関広くアピール

 第70回一関地方産業まつり商工祭(実行委主催)は、19、20の両日に一関市大手町の一関文化センターと同市大町のなのはなプラザ2階を会場に開かれる。市街地での開催は4年連続で、県内外から57の業者・団体が出店し、自慢の地場産品や工業製品などを展示・販売。餅つきと餅振る舞い、カラオケ大会など多彩なイベントも繰り広げられ、一関を広くアピールする。

 産業まつりは商工祭と農業祭が催され、同時開催となっていた時期もあるが、2016年度からは日程をずらして開催されている。農業祭は26、27の両日に市総合体育館で開催予定。

 商工祭では岩手県南・宮城県北の業者・企業の生産、加工、製造された商品を紹介する「地場産品バザール」と「ものづくり・企業エキスポコーナー」、手作りの作品を展示する「なのはなマルシェ」、郷土料理などの「ふるさと味自慢コーナー」が開設される。

 特別展コーナーとして姉妹都市の福島県三春町、和歌山県田辺市や友好都市の宮城県気仙沼市、「ゆっくりひとめぐり栗駒山麓連絡会議」を構成する秋田県湯沢市、「イチ、ニのサン! 元気な東北発信事業」で連携する福島県二本松市、「奥の細道」で縁がある岐阜県大垣市などの業者・団体がブースを設けて特産品を販売する。

 19日には餅つきと餅振る舞いが行われる。時間は午前10時30分からなのはなプラザ、午後2時から一関文化センター前広場で、各150食限定。二本松市の郷土料理「ざくざく」も2日間とも午前11時30分から各200食提供される。

 イベントとしては「みんなのカラオケ大会」を開催。カラオケ機器の採点機能を活用し、音程を外さずに最後まで歌えた場合には賞品が贈られる。参加申し込みは締め切ったが、当日の飛び入り参加も歓迎しており、同センター前広場の本部で受け付ける。時間は19日が午前11時からと午後2時30分から、20日は午前10時からと午後1時からで、いずれも30分間行われる。

 このほか、19日には奥州市の大道芸人・高橋ヒロヤスさんによるステージパフォーマンス、移動ふれあい動物園、20日はクイズ大会などを予定。恒例のお楽しみ抽選会は、500円分の買い物をすると1枚配られる補助券5枚で1回抽選でき、特賞は一関温泉郷のペア宿泊券が用意された。

 実行委は市役所と市街地を結ぶシャトルバスを2日間運行する。

 商工祭の開催時間は19日が午前9時30分~午後4時、20日は3時まで。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付