一関・平泉

五人五様の手仕事 「とんぼ玉工房琳と仲間たち」展【一関】

とんぼ玉で制作したアクセサリーなどが並ぶ作品展「とんぼ玉工房琳と仲間たち」

 一関市赤荻のとんぼ玉工房琳(小岩則子主宰)による作品展「とんぼ玉工房琳と仲間たち」は25日、同市厳美町の道の駅厳美渓で始まった。古布をリメークしたバッグやとんぼ玉など約600点が展示販売され、来場者が興味深そうに眺めている。27日まで。

 当初は同工房の作品のみ出展していたが、3年前から多分野でものづくりに取り組む知人らと共同で作品展を開催している。7回目となる今回は、市内のほか盛岡市や大船渡市から5人が参加した。

 このうち小岩さんは、とんぼ玉で制作したネックレスやピアスを中心に約400点を出展。今年は水玉模様のナスをかたどったとんぼ玉が人気といい、会場でも青やピンク、緑など複数の色合いの作品が注目を集めていた。

 小岩さんは「毎年楽しみに訪れるリピーターも大勢いる。土日の休みを利用して多くの人に足を運んでもらいたい」と呼び掛けている。

 時間は午前10時から午後5時(最終日は4時)まで。問い合わせは小岩さん=090(9422)7080=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付
一関・平泉
2020年9月27日付