奥州・金ケ崎

全校生徒心一つに 奥州 江刺南中40周年祝い式典

全校生徒による合唱などの発表で節目を飾った江刺南中創立40周年記念式典

 奥州市立江刺南中学校(大平優校長、生徒58人)の創立40周年記念式典は27日、同市江刺の同校体育館で行われた。全校生徒が日ごろの学習活動の一端を発表するとともに、一層の躍進の歴史を築く決意を新たにした。

 全校生徒と教職員、来賓ら合わせて約200人が出席。大平校長は「記念すべき日を迎えられたのは地域、保護者、教職員の皆さま、何より努力を積み重ねた卒業生のおかげと感謝する。さらなる発展に努め、未来に羽ばたく江刺南中の力強い歩みを約束する」と式辞を述べた。

 記念事業実行委員会の及川公実行委員長が「未来を開く江刺南中の飛躍を期待する」とあいさつ。30周年以降の歴代校長4人と、歴代PTA会長6人に実行委から感謝状が贈られた。

 生徒発表では学校で取り組んでいる学習活動として3年生が弓道を実演し、2年生は舞台で「平家物語」から「扇の的」の内容を声をそろえて語り、1年生が体育祭などで行っている「浅井神楽」を上演。最後に全校生徒が心を一つに合唱を披露した。

 生徒代表の誓いの言葉では、小澤晃生徒会長(3年)が「豊かな自然に囲まれ、さまざまな先生方の丁寧な指導を受けながら学習、部活動に伸び伸びと取り組むことができることを幸せに思う。全校一人ひとりがそれぞれの夢を実現できるよう、これからも頑張って活動していきたい」と意欲を示した。

 同校は藤里中、伊手中を統合して1978年4月、江刺市立江刺南中として創立した。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付