奥州・金ケ崎

精巧な作品来場者魅了 水沢翠明荘でロビー展【奥州】

水沢翠明荘に展示されている齋藤さんが手彫りした仏像

 仏像と能面、漆工芸を集めた展示が奥州市水沢大手町の水沢翠明荘で開かれ、精巧な手作りの作品が来場者を魅了している。31日まで。

 月替わりのロビー展で、今回は齋藤盛さん(88)=同市水沢字福原=による仏像と能面計32点、大内良三さん(同市水沢)の漆工芸の遺作11点を展示している。これまでの出展者が2人を紹介した。

 このうち齋藤さんの仏像は、ホオノキなどを手彫りして制作。髪や装飾具などの部分に精緻な表現が見られる。

 齋藤さんは元教諭で、工業高校を中心に教壇に立った。在職中から工芸教室で学んで以来30年近く手彫りを続けており、謡曲も趣味とすることから能面作りも長年楽しんできた。

 最近は高齢で制作の機会が少なくなってきたという齋藤さん。創作の歩みを振り返り、「物作りは楽しい」と感慨を込めた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年9月21日付
奥州・金ケ崎
2020年9月21日付
奥州・金ケ崎
2020年9月21日付
奥州・金ケ崎
2020年9月21日付
奥州・金ケ崎
2020年9月21日付