一関・平泉

室根からあげ 渋谷進出 あす新店舗オープン 岩手のおいしさ全国発信【一関】

東京の大型商業施設・渋谷スクランブルスクエアにからあげ家奥州いわいを出店する小山社長(中央)

 一関市室根町の鶏肉生産加工販売業オヤマ(小山征男代表取締役社長)が運営する空揚げ専門店「からあげ家奥州いわい」は、11月1日に東京都渋谷区に新店舗をオープンする。新たに整備された大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」での営業で、「全国に奥州いわいどりのおいしさを広める一歩にしたい」と意気込んでいる。

 からあげ家奥州いわいは、現在一関市と宮城県気仙沼市、東京都台東区に計4店舗を構える。代表商品である「室根からあげ」は県産銘柄鶏「奥州いわいどり」をしょうゆ、ショウガ、タマネギを独自の製法で仕上げた秘伝のたれにつけ込み、さくさくの衣とジューシーな食感が特徴。2018年に千葉県富津市で開かれた「からあげフェスティバルNo.1決定戦」で初代優勝に輝いたほか、今月20日の大東グルメ祭でもグランプリを獲得し、地元の内外で愛好者を増やしている。

 “渋谷駅前100年に1度の再開発”の目玉とされる渋谷スクランブルスクエアは、1日に開業する高さ230メートル、地上47階建ての渋谷エリアで最も高い大規模複合施設。下から商業施設、産業交流施設、オフィス、展望施設の4エリアに分かれ、商業エリアには日本初上陸や都心初出店などの213店が入店する。

 地下2階から1階まではグルメやスイーツなど60店舗が入っており、からあげ家奥州いわいは地下2階「TOKYO Foodshow EDGE」に出店。看板商品の室根からあげのほか、渋谷店限定オリジナルのシナモン、室根からあげ串、いわい玉子とじ丼の自社商品に加え、岩手名物弁慶のほろほろ漬、金婚漬も取り扱う。

 オヤマの小山達也常務取締役は「都心では秋葉原店に続いての出店で、東京にも着実にファンを増やしている。大都会渋谷の中で、室根からあげを通して岩手の食材の素晴らしさをアピールしていきたい」と力を込める。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年9月19日付
一関・平泉
2020年9月19日付
一関・平泉
2020年9月19日付
一関・平泉
2020年9月19日付
一関・平泉
2020年9月19日付