一関・平泉

いわて瞬感 紅葉映える厳美渓 観光客を歓迎【一関】

木漏れ日に照らされて紅葉が映える厳美渓

 一関市厳美町の名勝・天然記念物の厳美渓で紅葉が見頃を迎えている。3連休初日の2日には多くの観光客が訪れ、秋の景色を楽しみながら散策した。

 磐井川によって浸食され、奇岩や深淵(しんえん)などが織り成す渓谷沿いには、カエデやモミジなどが植栽されており、紅葉の時期には渓流とのコントラストもあって人気が高い。今年も10月下旬ごろから一気に冷え込んだことで、木々も色づいた。

 2日の一関地方は朝から日差しが降り注ぎ、最高気温は一関18・1度、千厩16・7度と平年よりも高く暖かい一日となった。厳美渓では、赤や黄色に染まった渓谷沿いの木々が観光客を歓迎。毎年この時期に厳美渓を訪れているという仙台市の玉田春子さん(63)は「今年はいつもより緑が多いような気もするが、川の色とマッチしてきれい」と笑顔でシャッターを切っていた。

 3日の県内は、気圧の谷の影響で曇りで、雨の降る所がある見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月13日付
一関・平泉
2019年11月13日付
一関・平泉
2019年11月13日付
一関・平泉
2019年11月13日付
一関・平泉
2019年11月13日付