県内外

岩渕(一関学院高3年) 今季初優勝 スノーボードW杯ビッグエア

岩渕麗楽選手

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は2日、イタリアのモデナで男女ビッグエア第2戦の決勝が行われ、女子は一関市東山町の岩渕麗楽選手(一関学院高3年、バートン)が合計176・50点で今季初優勝し、通算4勝目を挙げた。

 決勝では1回目に83・50点を記録すると、2回目も93・00点の高得点をたたき出し、2位におよそ50点差をつけて圧勝した。

 昨季種目別優勝した岩渕選手のW杯ビッグエア優勝は、2018年11月のモデナ大会以来で、同大会連覇を達成。男子では木俣椋真(ヤマゼンロックザキッズ)が163・00点で4位となった。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月19日付
県内外
2019年11月19日付
県内外
2019年11月19日付
県内外
2019年11月19日付
県内外
2019年11月19日付