北上・西和賀

合唱日本一に輝く 北上 黒沢尻北小

全日本合唱コンクール全国大会で日本一に輝いた黒沢尻北小合唱部。地元に凱旋し感謝の歌を届けた=4日、北上駅

 北上市立黒沢尻北小学校合唱部(菊池亜佑部長、部員57人)は、3日に東京都で開かれた第72回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟など主催)小学校部門で金賞を受賞し、最高賞の全日本合唱連盟理事長賞に輝いた。部員は4日夜に地元に凱旋(がいせん)し、父母や学校関係者を前に感謝の歌声を響かせた。

 今大会から新設された小学校部門に全国の39団体が出場し、黒沢尻北を含む13団体が金賞を受けた。東北支部代表の黒沢尻北は終盤の34番目の出演で、課題曲「Kyrie」、自由曲「にじのうた」を披露し、初代日本一の座を射止めた。

 4日夜の北上駅には、日本一の偉業を成し遂げた部員を迎えようと家族や関係者約100人が駆け付け、横断幕や花束を手に到着を待った。改札に部員と引率教諭が姿を見せると盛大な拍手で出迎え、「おめでとう」「日本一」と笑顔で祝福した。

 部員たちは「練習してきたことを十分に発揮することができた。今まで支えてくれた皆さんのおかげ」などと受賞報告。同校40周年を記念し作られた愛唱歌「虹が生まれる」を伸びやかに歌い上げ、感謝を伝えた。

 引率した船田浩校長は「子供たちが頑張り、高い評価を頂くことができた。家庭や地域の力強い支えのおかげ。これからも歌声を磨き上げ、さらに素晴らしい合唱部にしていけるよう頑張る」と謝辞。菊池部長(6年)は「頑張ってきたみんなと金賞、特別賞をもらえたことが一番うれしい。これからも感謝の気持ちを歌で届けていきたい」と気持ちを新たにした。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年11月19日付
北上・西和賀
2019年11月19日付
北上・西和賀
2019年11月19日付
北上・西和賀
2019年11月19日付
北上・西和賀
2019年11月19日付