県内外

北海道の味 盛岡に集結 川徳 11日まで物産と観光展

北海道の味覚を一堂に集めたパルクアベニュー・カワトクの「北海道の物産と観光展」

 第31回「北海道の物産と観光展」は、盛岡市菜園のパルクアベニュー・カワトクで開かれている。北海道の豊かな自然に育まれた農畜産物や魚介類を加工した土産品、スイーツなどが一堂に集まり、多くの人でにぎわっている。11日まで。

 全国各地の特産品を紹介する川徳(同市)のフェアで、今回は飲食を中心に約40店舗が出店。イクラやウニ、エビがたっぷり入った海鮮弁当をはじめ、十勝産ホエー豚のラーメン、濃厚な牛乳と生クリームのミルクプリンなど、北海道ならではの商品が並んだ。

 このうち「あいすの家」(北海道長沼町)は、地元産生乳を使った甘さ控えめのソフトクリームや、オリジナルジェラートとサイダーを使ったドリンク、特製オイルに漬けたチーズなどを販売。焼きたてチーズの試食や調理の実演も行われ、若い女性を中心に人気を集めていた。

 友人と買い物に訪れた主婦小志戸前鮎さん(26)=雫石町=は「北海道の物産展には、ほぼ毎回来ている。買い物はもちろん、いろんなブースで試食が楽しめるのがうれしい」と満喫していた。

 会場付近には北海道の観光PRコーナーも設置している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月22日付
県内外
2019年11月22日付
県内外
2019年11月22日付
県内外
2019年11月22日付
県内外
2019年11月22日付