県内外

江刺りんご「サンふじ」初競り 特選1箱140万円 10万円増、最高値更新【岩手】

過去最高の1箱140万円の値が付いた江刺りんごの主力品種「サンふじ」の初競り

 JA江刺管内産リンゴの主力品種・サンふじの初競りが9日、盛岡市中央卸売市場で行われた。「江刺りんご」のブランドで売り出してから40周年を迎えた今年は、最高品質の特選1箱(28個入り、10キロ)に前年を10万円上回る過去最高の140万円の値が付き、節目にふさわしいスタートを切った。

 同市場には同日、サンふじとシナノゴールド合わせて約600箱が入荷。午前6時50分ごろから初競りが始まり、威勢のいい掛け声が飛び交う中、次々と取り引きが成立した。

 3年連続でサンふじの特選を競り落としたベジフル姫神(盛岡市)の中野健一さん(36)は「程よい甘味と酸味で全国に誇れるおいしさ。文句なしの値段で買うことができた。多くの人に江刺りんごの良さを分かってもらいたい」と喜んでいた。

 同JAによると、今年産のサンふじは開花時期から受粉時期にかけての天候が良く、色づきや大きさなどいずれも平年を上回る出来。年内の出荷目標は12万箱だったが、台風19号による落果被害に見舞われたため、1割減の10万8000箱の見込み。被害額は3000万円に上ったという。落果リンゴは加工用として約80トンを集荷した。

 出荷は12月下旬まで続く見込み。同JAの小川節男代表理事組合長は「今年は台風19号による落果被害もあったが、初競りは特選140万円と生産者にとって励みのあるスタートとなった。今後50年、60年も一生懸命育てて出荷し、良いリンゴを皆さんに届けたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月21日付
県内外
2019年11月21日付
県内外
2019年11月21日付
県内外
2019年11月21日付
県内外
2019年11月21日付